MENU

片思いでデートに誘うのはアリ?成功させるための重要なポイント5つ

ふよ

片思いだとデートに誘ってもいいのか不安ですよね。それにせっかく誘えたなら成功させたい…!

『デート』ってカップル同士がするようなイメージがありますが、片思いしている人をデートに誘っても大丈夫です!

なんなら他の人と差をつけられて、自分だけを見てもらえる絶好のチャンスなのでどんどんデートに誘いましょう。

ただ、緊張しすぎてデートを失敗させたらもったいないです…。

片思いの人をデートに誘うときの注意点と、成功させるポイントを5つ解説します。

目次

片思いでデートに誘うときの注意点

  1. 相手の都合を最優先させる
  2. 無難でベタな場所を選ぶ
  3. 断られたら深追いしない

相手の都合を最優先させる

デートの提案をしたらまずはお互いの日程を合わせます。

このときに自分の都合ばかり優先させてはダメ!

せっかくデートに行く気になっていても都合がなかなか合わなかったり融通が利かなかったらイメージダウンです。

相手が片思いの自分のために予定を空けてくれるだけでも幸運なことですから、相手のスケジュールを優先して日程を組むようにしましょう。

無難でベタな場所を選ぶ

初デート、片思いの相手とのデートは無難なところを選びましょう。

  • 動物園
  • 水族館
  • 映画館

お互いに動物が好きなら動物園で共通の話題で盛り上がりますし、映画の趣味が合うなら二人で観たい映画を決めるのも良いでしょう。

遊園地はアトラクションの待ち時間が長くて暇を感じさせるかもしれないので初デートには避けましょう。

断られたら深追いしない

ふよ

片思いということは相手は自分のことどう思っているか分からないですよね。

断られる理由

・勉強や部活、仕事で忙しい
・家が厳しい
・ほかに好きな人がいる
・単純に好きじゃない

仕事やプライベートが忙しくてなかなか時間が取れなくて断られる場合は、相手のことを優先して再調整するべきです。

しかし、単純にあなたのことに興味がなかったり他に好きな人がいるから断られる場合は、無理に誘い続けるのはNGです!

好きでもない人に求められるほど迷惑なことはありません。

あまりにしつこいと嫌われてしまうので、潔く諦める勇気をもちましょう。

片思いのデートを成功させるポイント5つ

  1. 話のネタを用意する
  2. 清潔感に気を付ける
  3. 薄く香水をつける
  4. シンプルな服装
  5. 絶対に遅刻しない

話のネタを用意する

デート中、ずっと無言なわけにはいきませんし、自分から話題を振ることはとても大事なことです。

共通の話でなくても、自分のプライベートな話をするだけで

心を開いてくれてるのかな

と思って印象がアップします!

『自分から話すのは難しい』という人は、話を振られても反応できるように最近の話題はチェックするように心がけましょう。

清潔感に気を付ける

いつ、どんな時も清潔感は大切です。

  • 寝ぐせで髪がボサボサ
  • 体臭がする
  • 服、靴がボロボロ

自分が思っている以上に頭から足元まで見られています。

特に『髪』『足元』には気を付けましょう。

薄く香水をつける

とにかく印象を残すことが大切です。

香水は体温によって香りが変化します。
体温が高い『首元』や『胸元』にシュッと少しだけつけることがポイントです。

つけすぎると逆効果になるので要注意!

\ 安くて上品な香りが手に入る/

シンプルな服装

奇抜なファッション、露出度の高い服装は避けましょう。

ファッションに個性を出すことは良いことですが、それはお互いにもっと仲良くなってファッションの話などするようになってからでOK!

まず最初はシンプルで万人受けするような服装にしましょう。

絶対に遅刻しない

遅刻は最低限のマナーです。

どれだけ話題のネタを考えていても、見た目に気を遣っていても遅刻してしまってはすべてが台無しになってしまいます。

・待ち合わせ時間の15分前には着く
・遅刻しそうになったら早く連絡する
・遅刻したら素直に謝る

時間のルーズさは印象を下げてしまうので、時間管理には特に注意しましょう。

まとめ

せっかく自分を知ってもらうチャンスですから、周りと差をつけるための工夫をしましょう。

相手の話を聞きつつ、自分のプライベートな話をすると心を開いている証拠になって仲良くなりやすいです。

ふよ

まずは相手のことを最優先に考えよう!

清水 ふよ
恋愛アドバイザー
中学生の頃に大失恋を経験して数年拗らせる。
心を満たすために多数の男性と付き合い、出会い系サイトも始めた結果、今ではネット恋愛を網羅することに。
現在は10年の交際を経て結婚。
コウノトリが赤ちゃんを連れて来てくれると信じて日々頑張っています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる