片思いでも電話がしたい!さりげなく誘うテクニックと会話のネタを解説

好きな人のことを考えていたら無性に声が聴きたくなることありますよね。でも片思いなのに電話って引かれないか心配…

電話して声が聞きたいけど、片思いだしどうやって誘えばいいか分からないですよね。しかもそれで引かれないか不安にもなります。

片思いの相手を電話に誘う方法や会話のネタをまとめました。

目次

片思いでも電話がしたいときの誘い方

いくら仲のいい間柄でもなんの要件もなしに電話することは滅多にありませんよね。

普段話さない相手なら余計に不審に思われがちな電話をスマートに誘う方法をご紹介します。

仕事に関すること

もし片思いの相手が職場の人なら、仕事の話で電話することが一番スムーズです。

業務的な内容だけになってしまいますが、声を聴きたいだけの人にオススメです。
相手も仕事の話ですから不審に思わないですし、もし相手に脈ありならその電話ついでにご飯に行く話になるかもしれません。

近々飲み会の予定があるなら、その相談などをするのもよいでしょう。

➡ 『職場恋愛で告白はOK?』記事を読む

その人にしかできない相談をする

電話をする口実に『相談する』ことはメジャーですね。

ただの相談ではなく、

あなたにしかこの相談はできない

という趣旨を伝えてみると

頼られている!

と感じるので特に男性相手に効果的です!

自分のことを特別に思っていることが伝わりますし、これで仲が深まる可能性も高いです。

素直に『電話したいから』と伝える

なかなか勇気がいる方法ですが、下手な口実を作るよりも相手に気持ちを伝えるつもりでいるなら素直な気持ちを伝えるとよいでしょう。

  • 声が聞きたかったから
  • 寂しかったから
  • 急に電話がしたかったから

電話の相手は誰でもいいわけでなく、自分を選んでくれた好意は相手に伝わります。
相手に意識してもらうきっかけにもなるので、いつか告白しようと考えているなら思い切った行動に出るのもよいでしょう。

電話で話題に困ったときのネタ

いざ、片思いの人に電話してもどんな話をすればいいか悩みますよね。

電話の要件は終わったけどまだ話していたい…

そんなときに使える無難な話のネタパターンをまとめました。

相手が興味あるその日のニュース

相手の興味あることや趣味が分かっているなら、関連する今日起こったニュースを話題にしてみましょう。

もし野球が好きなら

今日の試合見ましたか?すごく良い試合でしたね!

趣味の話になると相手も食いついてきますし、たくさん話したくなります。
もちろん、好きな人の趣味のリサーチや勉強は距離を縮めるために必要なので勉強が必要です。

電話が終わっても、それ以降同じ話題で話す機会が増えるきっかけにもなります。

話のネタを振るだけで、相手の話の聞き役に徹することがポイント!

共通の話題

もし職場が同じなら仕事の話でもいいですが、職場でも他愛のない話はすると思います。

この前の飲み会での話、面白かったね!

など、過去の思い出を話すのがオススメです。

共通の話題なら話も盛り上がって相手からの共感を得られやすいです。

片思いの相手に電話するときの注意点

現代はスマホが主要になっていて、ほとんどラインで済ませられる時代です。

急用以外で電話する人って少ないんじゃないでしょうか?

『電話離れ』している世の中で電話を嫌煙している人もいるかもしれません。
相手を不快にさせないようにする注意点をまとめましや。

電話する時間帯に気を付ける

人にはそれぞれのライフスタイルがあります。

昼夜逆転の生活や夜勤で働いている人でなければ同じようなライフスタイルと考えて問題ないですが、相手が学生で授業中や部活の練習中だったり仕事の通勤時間のあたりは避けましょう。

一番無難なのは、夕飯を終えて少しリラックスしているであろう20時~21時頃を狙いましょう!

いつ電話したらいいか分からない場合は、事前にラインやメールなどで電話しても良いか聞くことがポイント!

頻繁にはかけないようにする

1回でも好きな人と電話ができたら気分が上がっちゃいますよね。

でも気分が上がったからと言って頻繁に電話をすると相手は嫌がるかもしれません。

両想いかどうか分からないうちはグイグイいくのではなく、相手の様子を伺って駆け引きすることがポイント!

特に男性は女性よりも電話や長話が苦手と感じる人が多いため、電話だけでなくあなた自身を嫌煙してしまう可能性があるので注意いましょう。

時間が長くならないようにする

女性は長話が好きな傾向にありますが、男性は苦痛に感じる傾向です。

要件が終わってもくだらない話が続いたり、無言の時間があるとイライラさせてしまうかも。
特に最初のうちやまだ仲が良いわけではないなら要件だけ済ませるようにしましょう。

相手の声色やテンションをちゃんと読み取ることがポイント!

まとめ

  • 必要最低限の要件をつくる
  • 時間帯には気を付けよう
  • 相手の声色を伺う

電話することによって接近できるきっかけになります。
相手に脈ありを感じているならどんどん電話をアタックしてみましょう!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる