LINEで好きな人と距離を縮めるテクニック|ライバルと差をつける方法

・好きな人とLINE交換できたけど何て送ったらいいの?

・デートに誘いたいけど誘い方が分からない

・ほかの人に先を越されたくない

やっとの思いで好きな人と連絡先を交換したけどこれからどうやって距離を縮めたらいいのか悩んでいませんか?

手っ取り早く距離を縮めたいのであれば、マメに連絡をすることが基本です。
ではどういう内容のメッセージを良いのでしょうか。

ふよ

好きな人と距離を縮めるLINEテクニックを送ってはいけないNG例と一緒に解説します。

この記事で分かること

好きな人の印象を下げてしまうLINEのNG例

好きな人とLINEを交換したら最初になんて送ろうか悩みますよね。

最初のメッセージは気にしない人もいますが、今後の印象を左右する重要なポイントでもあります。

もしライバルがいるようならここで差をつけられるような文章で印象を上げましょう。

ふよ

ということで、まずはNG例から見ていきましょう

短文すぎる、内容がない

NG例

これからよろしくね。

ちょっと淡白すぎるというか、

連絡先交換したの迷惑だったかな?

と相手は思ってしまうかも。

最初は話すことがいくらなかったとしても、少しでも愛想がないと良い印象は与えられません。

改善例

連絡先ありがとう!
たまに返すのが遅くなる時あるけど、なにかあったら遠慮なく連絡してきてね。

まずは連絡先を交換してくれたことに感謝の気持ちを伝えましょう。

必要がないように思うかもしれませんが、LINEを交換してくれたということは少なくとも信頼はされているということ。

そのことに感謝することで相手の記憶に残る印象になります。

区切りすぎる、連投

NG例

やっほー(送信)

LINEありがとー(送信)

これからよろしくねー(送信)

これが一回でまとめて送られてくるならいいのですが、スタンプのように短い文を一行ごと連続で送信されると普通にウザいです。

かなり仲がいい関係ならスタンプ連打などはノリでするものですが、連絡先を交換したばかりで連投するのはタブー。

相手は何も言わないかもしれませんが、ウザったく思われてしまうので気を付けましょう。

相手のテリトリーに入る、デリカシーがない

NG例

会ったときに思ったんだけど○○さんってダイエットしないの?

ふよ

こんなこと言う人本当にいるのかって感じなんですけど(笑)

ただ本当にデリカシーのない人はいます。

言ってる本人は悪気がないのかもしれませんが、言葉は簡単に凶器になります。

文面でお互いの表情や感情が見えない分、慎重にならないといけません。

送ると好印象なメッセージ内容

直接話すよりも文面で良い印象を与えることは難しいですが、無難な内容に個性を組み合わせることで強い印象を与えることができます。

どんな内容でどうやって個性を出せばいいのか、解説します。

相手のことを優先する

どんな人でも優しい人には心を開きやすいです。

  • 体調を気遣う
  • ペースを相手に合わせる
  • 悩みを親身になって聞く

会話の終わりには「風邪ひかないようにね」などを付け加えるだけで印象UP!

小さい気遣いをされて嬉しくない人はいません。

この人はこんなこと言ってくれるんだ

と思わせるだけで他の人と差をつけることができます。

その時の状況+自分のこと

『今何してる?』『暇だから連絡した』などありきたり且つ返事に困るような内容では会話は続きません。

大切なことは自分から発信すること

例文

昨日久しぶりに筋トレしたんだけど、筋肉痛が酷くて動けない…(笑)
とりあえず今日もやろうと思うんだけど筋肉痛があっても筋トレってしてもいいんだっけ?

少し趣旨が変わりますが、会話を続かせるテクニックとして『最後に疑問(?)をつける』方法があります。

これはプロのキャバ嬢なども実践している会話術であり、自分が相手に興味があることを示す効果があります。

とりあえず自分の趣味を言う

『当たって砕けろ』ではないですが、もし話題が思いつかないのであればとにかく自分の趣味やハマっていることを話しましょう。

運よく同じ趣味であれば反応してくれて話は盛り上がりますし、相手が興味をもっている内容であれば次会ったときに教えるイベントが発生します。

共感を得ることが次につなげるきっかけになるので自分の知識や面白いと思っていることは出し惜しみせずにどんどん伝えていきましょう。

LINEを交換してからどのくらいで連絡したらいいのか

例えば、合コンで連絡先を交換した後や友達の紹介で知り合って別れた後、どのくらいで連絡をしますか?

合コンとかなら他にもライバルはたくさんいる場合もあるので、差別化させたいですよね。

LINEを交換した後に連絡するタイミングはそのシチュエーション別で変わります。

一緒に遊んで帰り際に交換した場合

すぐに連絡する

相手の頭にまだ自分のことが残っている間にアクションを起こしましょう。

遊び終わって別れたあと、帰りの電車に乗ったときや一息ついたタイミングで送ると相手も反応しやすくなります。

合コンなど初対面で交換した場合

その日の夜がベスト

合コンや婚活パーティなどで会った日はとても疲れています。

正直かなり気になった人以外と連絡するほどの余裕もありません。

そこで、あなたがほかの人と差をつけるために相手を気遣った内容を送れば好印象です。

もちろん返事は催促しないでください。
印象を残すことが大事なので、落ち着いたら返してくれることを願って気長に待ちましょう。

まだ会ったことがない人の場合

マッチングアプリでLINEを交換してデートに繋げる

まだ直接会ったことがない人は、相手がどんな人かあまり分からず構えている状態です。

あまり積極的すぎると身を引いてしまうかもしれないので、頻繁に連絡するのは控えましょう

マッチングアプリでの個人的な連絡先交換は禁止されているサイトもありますが、メールアドレス形式だと自動的に伏字になるだけなのでLINEのIDやQRコードの交換はできます。

最初が肝心なので引かれない程度に慎重にアピールしましょう。

まとめ

  • デリカシーのない発言は絶対ダメ
  • 相手を思いやる言葉をひと言添えるだけで印象UP
  • ネタ切れになったらとりあえず自分の趣味を言おう
  • 連絡するタイミングは相手の都合を予想する

前よりも返事が遅くなったり内容が薄くなってきてもそれは付き合いが長くなってきた証拠です。

そんなお互いに気を遣わない関係になるには最初が肝心なのでアピールチャンスを無駄にしないよう気を付けましょう!

清水 ふよ
恋愛アドバイザー
中学生の頃に大失恋を経験して数年拗らせる。
心を満たすために多数の男性と付き合い、出会い系サイトも始めた結果、今ではネット恋愛を網羅することに。
現在は10年の交際を経て結婚。
コウノトリが赤ちゃんを連れて来てくれると信じて日々頑張っています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

この記事で分かること
閉じる